FC2ブログ

2019-08

新・瀬戸内紀行 - 2006.01.31 Tue

かなり疲れた俺です。

居候のおばぁちゃんのお葬式へ参列してきました。
居候は瀬戸内海のいりこで有名なI島の出身なんですけど、この島は小さい島なので車が走れる道はほとんどありません。ほとんど坂道で、平坦な道は島の周りを走る道だけ。人が2人並んで歩くのが精一杯の路地が迷路のようになっています。
P251iS04866.jpg

小さい島なんで葬儀屋ってのは当然ありません。車が走れる道がほとんど無いから霊柩車ってのはもちろん無いので、親類や身内の男手が、リヤカーに装飾した台車で焼場まで運びます。お葬式も親類縁者やご近所が集まって仕度して、お寺でのお接待も全て手作り。美味い不味いという料理ではなく、温か味のある料理でした。俺の家のように、たてまえだけの親戚付き合いではなく、本当の親戚関係というものを見た気がします。こういう環境で育った居候が少し羨ましく思えました。
島の高台から……↓
P251iS04612.jpg

居候のおばぁちゃんは享年97歳。77歳で子宮ガンになり、コバルト照射して20年生きたそうです。



……って事で、ここからは今までの俺に戻りますw。
まぁ、台車を俺も押したんですが、これはお年寄りでなくとも結構きつい…。筋肉が付いてきたんでチョロイもんよ!って思ってたけど、延々続く坂道に気持ちが折れてしまった訳で……w。っちゅ~か、俺の知らん間に居候の旦那になってたり……(ニガワラ。でも、初顔合わせにもかかわらず、居候の従兄弟や親戚の人達には本当に良くしてもらった。
忙しそうにしている居候を見てると、帰ってきたら少しはやさしくしてやるか……な~んて、少しばかり仏心が芽生えた俺なのでした。

● COMMENT ●

こんばんは

こんばんは
良いお話ですね~~
オイラが住んでる所は殺伐としているものですから

昔行った親戚のばあちゃんの葬式を思い出しました。
そこはお通夜の夜は親戚皆寝ないで起きてるんです。
寝むそうになったら、何故かコヨリを作って眠気を堪えるという風習が。。

けど、子供だったオイラは寝ちゃいました。。
ご冥福をお祈りします。

ありがとうございます

こちらもかなり殺伐としていますが、古きよき日本も各地で少しは残っているようですね。何でもデジタル化してしまって、人の心もデジタル化してしまったようです。
私もその一人ですが……w。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://surfly.blog18.fc2.com/tb.php/176-7eea5ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スーツ&礼服 «  | BLOG TOP |  » いろいろありまして……

Profile

GM@blog

Links

このブログをリンクに追加する

Calendar

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent comment

Archive [Every month]

Recent track back

Searches in Free&Easy

RSS feeding

Recent entry

BMI判定

身長 cm
体重 kg

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター