■Profile

GM@blog

  • Author:GM@blog
  • 波乗り 最高!
    フライフィッシング 最高!
    うさぎ 萌え萌え~!

    そんな……
    普通のオサーンのブログです。

■Links
■Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■Category
■Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

■Recent comment
■Archive [Every month]

■Recent track back

■Searches in Free&Easy

■RSS feeding
■Recent entry
■BMI判定

身長 cm
体重 kg

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

NO KILL
書きたい事がたくさんある、わしです。

ここのところ毎週末はフライフィッシングに行っております。
昨年のように雨続きで、数週間釣りに行けない年もあれば、今年のように渇水気味の年もあります。
アマゴに関しても同じで、大きいアマゴがたくさん釣れる年もあれば、あまり釣れない年もあります。
フライフィッシングを始めて13年ほどになりますが、良い釣りが出来た年(日)は記憶に残っているものです。
自分で巻いた毛鉤で始めて釣れた愛媛のD川。
徳島の鉄ちゃんとよく釣りに行ったN川水系や、岡山のジサマに案内してもらった鳥取の川。
かわせみの会の連中とよく釣りに入った嶺北(高知県北部)の川。
基本的にひとりで遊ぶ遊びですが、気の合う仲間と釣りに入るのは、本当に楽しいものです。
そんな仲間と知り合ったのには、ひとりのフライフィッシャーマンとの出会いからでした。
こちら高知県に中野川川という毛鉤専用区があり、そこの管理をしておられる方に会っていなかったら、今のわしは居なかったでしょう。
わしにとって心の師であり、人嫌いのわしが尊敬できる数少ない人です。
まずどこの河川にも内水面漁協という組織が存在し、各河川でルールが決められています。
中野川川にもルールがあります。
そのルールというのが、本日のお題の「NO KILL」、中野川川のアマゴを殺さないというルールです。
その中野川川、10年前に毛鉤専用区になってから数年間はアマゴの放流を行いましたが、それ以降は放流していないのに、今ではいつでもアマゴの姿を見ることが出来る川になっています。
殺さなければアマゴは残る、川は育つのです。
わしが渓流で釣りを始めたのが餌釣りからで、フライフィッシングと出会うまでの3年間は釣ったアマゴを持ち帰って食べておりましたが、自分で巻いたフライで釣れたアマゴは可愛くて愛しくて、食べる気にはなれませんでした。
フライフィッシングを始めて2年目の事、四国に毛鉤専用区が出来たということを知り、時々釣りに行っておりました。
そのうち中野川川流域にある蕎麦屋のご主人に紹介されたのが、その川を管理する事になった管理人さんでした。
「GMよ、この川は絶対えい川になるき!」という言葉、今でも覚えています。
それから長い年月が経ちますが、本当にいい川になったと思うと同時に、この四国にこんな素晴らしい川があるという事に誇りを感じます。
自分で巻いた毛鉤で始めて釣ったD川での想いもそうですが、中野川川の管理人さんと出会ってから、今でもわしのフィッシングスタイルは「NO KILL」です。
四万十へ引っ越してきてK川へ通うようになってからも、遊んでくれたアマゴ達には「ありがと、また遊んでくれな(´∀`)」という言葉を素直に言えます。
K川へアマゴを放流していた養魚場が今年で辞めるとの事。
放流量は減るでしょうし、最悪放流されないかもしれません。
そんな時だからこそ「NO KILL」の精神が生きてくるのだと確信しています。
わしのフライフィッシングスタイルは、これからも変わらないでしょう。

……と、キーを打つのをやめようと思いましたが、何やら我家のチャチャが言いたい事があるようです。
P3284679.jpg
…………orz
「NO KILL」→「NO 殺」→「悩殺」ですか、チャッコ(;´Д`)
P3284682.jpg
違いますよ!……っていうか上手いっ!!
「NO KILL」ってのは「殺さない」って事ですよ、チャチャ(;´∀`)
P3284683.jpg
残念ながら……(ワラ
P3274642.jpg
ま、おまんはとびきりカワユイぜよっ!


人気ブログランキングへ ← 次回は東北の川への想いを綴ります

Diary | 22:09:32 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
「NO KILL」、川を守るためにも大切な事なんでしょうね。

放流しなくてもいつまでもみんなが楽しめる、ある程度のルールとマナーが守れる方ばかりなら苦労はしないのでしょうが…。

私ももう10年ほど前になりますが、K川近辺のお客さんの家に訪問してました。

赤い橋を渡って川沿いに一番遠くは舗装していない道のところまで奥に行ってました。

景色が良くって、つい車を停めて休憩したものです。

いつまでもあの自然が守られることを願っています。
2011-04-06 水 19:58:28 | URL | とめきち [編集]
> とめきち さま
コメントありがとうございます(´∀`)
今では海にも稚魚放流しないと魚が獲れなくなるようで、水域の限られている河川では、もっと顕著に表れます。
記事に書いた中野川川、「あそこに行けば必ずアマゴが居る」という事で、密漁も後を絶たないのですよ(;´Д`)
密猟者もスリルを味わいたいだけなのでしょうが、山を越えて(県を越えて)まで密漁に来るそうです。
ったく、ご苦労な事です。

K川へお仕事で出かけられていたとの事、あの流域で今は「黒尊村」として村興しをしていますよ。
今年から鮎の友釣り専用区が出来ましたし、木工品の良心市も出来ました。
流域在住で昨年からフライフィッシングを始めたO君とも、「黒尊村」としてどうしていくべきなのかを話し合っているところです。
アマゴの卵の放流も、今年から本格的にやってみようと計画中なのです。
荒廃していく四万十川で、わしの唯一の希望の川です(´∀`)
2011-04-06 水 21:32:08 | URL | GM [編集]
KILLされた~!!
完全に、KILLされましたよ~!!
チャチャさまのち~たま、可愛らしいですね。
川での釣り…。
BBQのついでで、練り餌「きゅうちゃん」使ってイダをひっかけて遊ぶくらいですが…。
(当然、リリースです。)
残った餌を、団子にして川底に沈めて帰ります。
次来たとき、イダが育ってるようにと…。
2011-04-07 木 20:55:57 | URL | めけ [編集]
> めけ さま
KILLされちゃいましたか(´∀`)
ま、めけさまをKILLする為にご用意した画像……と言っても過言ではない画像ですね(ワラ

めけさまも釣りをされるのですね~(´∀`)
もうじき真赤(婚姻色)に染まったイダが川を遡上する時期ですね~。
釣りって魚と会話するみたいで面白いですね(´∀`)
2011-04-07 木 22:41:26 | URL | GM [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad