FC2ブログ

2019-08

東北の川への想い - 2011.04.16 Sat

本日再登場の、わしです。

4/5の記事で「東北の川への想い」を綴ります……と宣言して2週間。
基本的にアフォなので、まとまる物もまとまらない脳の構造をしております(ワラ
一生かかってもまとまらないでしょう(;´Д`)
なので、書いちゃうことにします。

中四国でしか釣りをした事がないわしにとって、東北の川といえば思い浮かぶのが「北上川」や「名取川」、「雄物川」に「最上川」くらいのものです。
フライフィッシングの雑誌でもよく取上げられている名河川です。
3月のある日、H氏と共に釣り場を目指していた時の事、東日本大震災の話をしておりました。
話の合間にH氏が……
「GMさん、実は移住を検討していた時、最後まで迷ってたんですよ。高知と岩手とどちらにしようか……とね。農業をやろうと決めていたし、温暖な所は作付けも早くから出来るので、最終的に高知を選んだのですが、釣り(フライフィッシング)の魅力は断然岩手が上でした。それも太平洋へ流れている小河川に魅力を感じていたんですよ。もし岩手へ移住してたら……被災してました。向こうには小さくてもいい川がたくさんあるんですよ。」
と語るH氏。
「こちらに移住したら、フライなんてたぶん出来ないな……と思ってったんですが、自分より数ヵ月後に移住してきたGMさんが『波乗りとフライフィッシングを楽しむために移住してきました!よろしく!』と自己紹介されましたよね?自分はフライ<農業を選んで移住し、生活<遊びを選んで移住してきたGMさんとは正反対ですが不思議な縁を感じたんですよ。」
「変な奴はどこにでも居るな~、と思たやろ(ワラ」
「まぁね(爆」
そんな話を交わしながら、いつものように釣りを楽しんで帰宅しました。

東日本大震災のニュースを観ておりますと、津波が川を逆流して、森林組合がある山間にまで達していたとか……。
小河川のイワナやヤマメ達も被災したのでしょうね。
そんな名も無き川を想っておりますと、「野辺地」という地がどんな所なのか知りたくて、釣竿片手に旅をした故・山本素石の「山釣り放浪記」や、内山節の「山里紀行」で描かれている東北の川を想像してしまいます。
春には雪代が流れて、暖かい日和なのに魚が釣れない事や、東北人の穏やかで忍耐強い人柄を描写した内容が思い出されます。

復興に何年かかるかわかりませんが、必ずや復興しましょう!
でなきゃ、わしが困ります。
何年後になるかわかりませんが、釣竿片手に東北の小河川を釣り歩いてみたいからです。
その時は、「あ~ら~、あんぽんたんが来たよ~(´∀`)」と東北訛で迎えてほしいものです(´∀`)


人気ブログランキングへ ← 出来る事はやります!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://surfly.blog18.fc2.com/tb.php/975-27926873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お外日和 «  | BLOG TOP |  » リーフレタス試食

Profile

GM@blog

Links

このブログをリンクに追加する

Calendar

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent comment

Archive [Every month]

Recent track back

Searches in Free&Easy

RSS feeding

Recent entry

BMI判定

身長 cm
体重 kg

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター